7月10日主日礼拝のご案内(聖霊降臨節第6主日・部落解放の日)

スマホとLINEによる礼拝参加が可能です。ネット配信はしていません。

希望される方は akotozakura@yahoo.co.jp まで事前にお問い合わせ下さい。

10:30~

招詞:だれに対しても悪に悪を返さず、すべての人の前で善を行うように心がけなさい。できれば、せめてあなたがたは、すべての人と平和に暮らしなさい。(ローマの信徒への手紙12章17~18節)

讃美歌:こどもさんびか34番ー⑤

    讃美歌21-134番①④⑤、354番

交読:詩編51

説教:天の恵みは誰にでも   島津牧師

アモス書8章9~12節

その日が来ると、と主なる神は言われる。

わたしは真昼に太陽を沈ませ

白昼に大地を闇とする。

わたしはお前たちの祭りを悲しみに

喜びの歌をことごとく嘆きの歌に変え

どの腰にも粗布をまとわせ

どの頭の髪の毛もそり落とさせ

独り子を亡くしたような悲しみを与え

その最後を苦悩に満ちた日とする。

見よ、その日が来ればと

主なる神は言われる。

わたしは大地に飢えを送る。

それはパンに飢えることでもなく

水に渇くことでもなく

主の言葉を聞くことのできぬ飢えと渇きだ。

人々は海から海へと巡り

北から東へとよろめき歩いて

主の言葉を探し求めるが

見出すことはできない。

マタイによる福音書5章43~48節

「あなたがたも聞いているとおり、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな報いがあるだろうか。徴税人でも、同じことをしているではないか。自分の兄弟にだけ挨拶したところで、どんな優れたことをしたことになろうか。異邦人でさえ、同じことをしているではないか。だから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA