10月6日 主日礼拝のご案内 (聖霊降臨節第18主日・世界聖餐日・世界宣教日)

10月6日 主日礼拝のご案内 

(聖霊降臨節第18主日・世界聖餐日・世界宣教日)

10:25~11:30

招詞 : フィリピの信徒への手紙1章6節

あなたがたの中でよい業を始められた方が、キリスト・イエスの日までに、その業を成し遂げてくださると、わたしは確信しています。

聖書 :創世記11章26~32節

 テラが七十歳になったとき、アブラム、ナホル、ハランが生まれた。 テラの系図は次のとおりである。テラにはアブラム、ナホル、ハランが生まれた。ハランにはロトが生まれた。ハランは父のテラより先に、故郷カルデアのウルで死んだ。アブラムとナホルはそれぞれ妻をめとった。アブラムの妻の名はサライ、ナホルの妻の名はミルカといった。ミルカはハランの娘である。ハランはミルカとイスカの父であった。サライは不妊の女で、子供ができなかった。 テラは息子アブラムと、ハランの息子で自分の孫であるロト、および息子の妻で自分の嫁であるサライを連れて、カルデアのウルを出発し、カナン地方に向かった。彼らはハランまで来ると、そこにとどまった。テラは二百五年の生涯を終えて、ハランで死んだ。     

    マタイによる福音書 22章23~33節

 その同じ日、復活はないと言っているサドカイ派の人々が、イエスに近寄ってきて尋ねた。「先生、モーセは言っています。『ある人が子がなくて死んだ場合、その弟は兄嫁と結婚して、兄の跡継ぎをもうけねばならない』と。さて、わたしたちのところに、七人の兄弟がいました。長男は妻を迎えましたが死に、跡継ぎがなかったので、その妻を弟に残しました。次男も三男も、ついに七人とも同じようになりました。最後にその女も死にました。すると復活の時、その女は七人のうちのだれの妻になるのでしょうか。皆その女を妻にしたのです。」イエスはお答えになった。「あななたたちは聖書も神の力も知らないから、思い違いをしている。復活の時には、めとることも嫁ぐこともなく、天使のようになるのだ。死者の復活については、神があなたたちに言われた言葉を読んだことがないのか。『わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である』とあるではないか。神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。」群衆はこれを聞いて、イエスの教えに驚いた。

 

讃美歌 : 子供さんびか34番②、

      讃美歌21ー18番、127番、166番


説教題 : 神の言葉に従った人たち


説教 : 島津牧師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA