10月18日 主日礼拝のご案内(聖霊降臨節第21・特別礼拝)

 リモートによる礼拝参加も可能です。今のところ、スマホとLINE

希望される方はakotozakura@yahoo.co.jpまで

10:30~

招詞:イエスは、御自分を信じたユダヤ人たちに言われた。「わたしの言葉にとどまるならば、あななたたちは本当にわたしの弟子である。あななたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」(ヨハネによる福音書8章31~32節)

コリントの信徒への手紙一 14章26~33節

  兄弟たち、それではどうすればよいだろうか。あなたがたは集まったとき、それぞれ詩編の歌をうたい、教え、啓示を語り、異言を語り、それを解釈するのですが、すべてはあなたがたを造り上げるためにすべきです。異言を語る者がいれば、二人かせいぜい三人が順番に語り、一人に解釈させなさい。解釈する者がいなければ、教会では黙っていて、自分自身と神に対して語りなさい。預言する者の場合は、二人か三人が語り、他の者たちはそれを検討しなさい。 座っている他の人に啓示が与えられたら、先に語りだしていた者は黙りなさい。皆が共に学び、皆が共に励まされるように、一人一人が皆、預言できるようにしなさい。預言者に働きかける霊は、預言者の意に服するはずです。神は無秩序の神ではなく、平和の神だからです。

讃美歌:こどもさんびか34-2番 

    讃美歌21-58番、57番

説教:共に学び、共に励まされる  大澤 秀夫 牧師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA