3月1日 主日礼拝のご案内(受難節第1主日・レント1)

10:25~11:30

招詞:「わたしはあなたの行いを知っている。見よ、わたしはあなたの前に門を開いておいた。誰もこれを閉めることはできない。あなたは力が弱かったが、わたしの言葉を守り、わたしの名を知らないと言わなかった。」(ヨハネの黙示録1 3章8節)

申命記8章6節

あなたの神、主の戒めを守り、主の道を歩み、彼を畏れなさい。

マタイによる福音書4章1~11節

 さて、イエスは悪魔から誘惑を受けるため、”霊”に導かれて荒れ野に行かれた。そして四十日間、昼も夜も断食した後、空腹を覚えられた。 すると、誘惑するものが来て、イエスに言った。「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。」イエスは、お答えになった。 「『人はパンだけで生きるものではない。   神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』と書いてある。」次に、悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、神殿の屋根の端に立たせて、言った。「神の子なら、飛び降りたらどうだ。 『神があなたのために天使たちに命じると、  あなたの足が石に打ち当たることのないように、  天使たちは手であなたを支える』と書いてある。」イエスは、「『あなたの神である主を試してはならない』とも書いてある」と言われた。 更に、悪魔はイエスを非常に高い山に連れて行き、世のすべての国々とその繁栄ぶりを見せて、「もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう」と言った。すると、イエスは言われた。「退け、サタン。 『あなたの神である主を拝み、
  ただ主に仕えよ』と書いてある。」そこで、悪魔は離れ去った。すると、天使たちが来てイエスに仕えた。

讃美歌:子どもさんびか34-4番

    讃美歌1-24番、202番、445番

説教題:誘惑を退けるみことば

説教:島津牧師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA