2月23日 主日礼拝のご案内(降誕節第9主日・受難節前第1)

10:35~11:40

*子どもの礼拝 10:15~10:30

招詞:イエスは、十二人を呼び寄せて言われた。「今、わたしたちはエルサレムへ上って行く。人の子について預言者が書いたことはみな実現する。(ルカによる福音書18章31節)

エゼキエル36章9~12節

 わたしたちはお前たちのために、お前たちのもとへと向かう。お前たちは耕され、種を蒔かれる。わたしはお前たちの上に、イスラエル全家の人口をことごとく増やす。町々には人が住むようになり、廃墟は立て直される。わたしはお前たちの上に人と家畜を増やす。彼らは子を産んで増える。わたしはお前たちを昔のように人の住む所とし、初めのときよりも更に栄えさせる。そのとき、お前たちはわたしが主であることを知るようになる。わたしはお前たちの上に人々を、すなわちわが民イスラエルを歩ませる。彼らがお前を所有し、お前は彼らの嗣業となる。二度と彼らの子たちを失わせることはない。

コリントの信徒への手紙2 9章1~7節

 聖なる者たちの奉仕について、これ以上書く必要はありません。わたしはあなたがたの熱意を知っているので、アカイヤ州では去年から準備ができていると言って、マケドニア州の人々にあなたがたをことを誇りました。あなたがたの熱意は多くの人々を奮い立たせたのです。わたしが兄弟たちを派遣するのは、あなたがたのことでわたしたちが抱いている誇りが、この点で無意味なものにならないためです。また、わたしが言ったとおり用意してもらいたいためです。そうでないと、マケドニア州の人人がわたしと共に行って、まだ用意ができていないのを見たら、あなたがたはもちろん、わたしたちも、このように確信しているだけに、恥をかくことになりかねないからです。そこで、この兄弟たちに頼んで一足先にそちらに行って、以前あなたがたが約束した贈り物の用意をしてもらうことが必要だと思いました。渋りながらではなく、惜しまず差し出したものとして用意してもらうためです。 つまり、こういうことです。惜しんでわずかしか種を蒔ない者は、刈り入れもわずかで、惜しまず豊かに蒔く人は刈り入れも豊かなのです。各自、不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりにしなさい。喜んで与える人を神は愛してくださるからです。

讃美歌:こどもさんびか34①番

    讃美歌21-12番、363番、467番

説教題:喜ぶ顔をイメージして

説教:島津牧師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA