12月29日 主日礼拝のご案内(降誕節第1主日)

子どもの礼拝:10:15~10:30

10:25~11:30

招詞:ヨハネの手紙1 4章12章

いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内で全うされているのです。

イザヤ書65章17~25章

見よ、わたしは新しい天と新しい地を創造する。初めからのことを思い起こす者はいない。それはだれの心にも上ることはない。代々とこしえに喜び楽しみ、喜び踊れ。わたしは創造する。見よ、わたしはエルサレムを喜び踊るものとしてその民を喜び楽しむものとして、創造する。わたしはエルサレムを喜びとしわたしの民を楽しみとする。泣く声、叫ぶ声は、再びその中に響くことがない。そこには、もはや若死にする者も年老いて長寿を満たさない者もなくなる。百歳で死ぬものは若者とされ百歳に達さない者は呪われた者とされる。
彼らは家を建てて住みぶどうを植えてその実を食べる。彼らが建てたものに他国人が住むことはなく彼らが植えたものを  他国人が食べることもない。わたしの民の一生は木の一生のようになりわたしに選ばれた者らは彼らの手の業にまさって長らえる。彼らは無駄に労することなく生まれた子を死の恐怖に渡すこともない。彼らは、その子孫も共に主に祝福された者の一族となる。彼らが呼びかけるより先に、わたしは答えまだ語りかけている間に、聞き届ける。 狼と小羊は共に草をはみ獅子は牛のようにわらを食べ、蛇は塵を食べ物としわたしの聖なる山のどこにおいても害することも滅ぼすこともない、と主は言われる。

ルカ2章21~24節

 八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。これは、胎内に宿る前に天使から示された名である。 さて、モーセの律法に定められた彼らの清めの期間が過ぎたとき、両親はその子を主に献げるため、エルサレムに連れて行った。それは主の律法に、「初めて生まれる男子は皆、主の律法に言われているとおりに、山鳩一つがいか、家鳩の雛二羽をいけにえとして献げるためであった。

讃美歌:こどもさんびか34-5番

     讃美歌21-19番、271番、359番

説教題:イエスという名

説教:島津牧師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA